さっぽろわくわく商店街


由来・日因縁・ミニヒストリー


商店街の歴史をシリーズでお届けいたします
■■ 第25回 篠路中央商店街振興組合 ■■

「篠路中央商店街」とは、篠路1条から石狩街道・ガトーキングダムサッポロまでの商店街です。

◆篠路の開拓
荒井金助直筆の履歴書

篠路村龍雲寺に残る
荒井金助自筆の
由緒書(履歴書)
 篠路の歴史は、屯田兵開拓より遥か前の安政5年(西暦1858年)江戸幕史の荒井金助が、農家8戸を伴って入植し「荒井村」を創設したのが始まりです。
 しかし篠路村史によると、本質的な農業移民として、その2年後に入地し土着して、永く開墾にあたり、篠路村開拓の礎を担った『早山清太郎』こそが「篠路村の開基」と記されています。
 篠路の屯田兵は更に29年後、明治22年7月15日のこと、九州・四国・近畿から220戸1056人が篠路の地に移住しました。札幌では最後にやってきた屯田兵なので、開墾も容易だったように思われますが、実際は苦難の連続で、兵村大火や大水害など、相次ぐ災禍により屯田兵の離脱も多く、明治37年頃には72戸に激減しました。 
 篠路の名前の由来は、屯田兵が入植する以前の松前藩時代からすでに「上シノロ」「下シノロ」と称したので、アイヌ語であると思われますが定かではありません。
 意味については二説あるようです。
一つはアイヌ語の「スウオロ」で、意味は「鍋を浸しておく所」、琴似川や伏籠川を舟で上下していたアイヌの人達は、炊事に使用した鍋を、今の龍雲寺付近に浸しておいたからだと言う説と、もう一つは、アイヌ語とは無関係という説もあります。

■安政元年(1854年)日米和親条約により、下田と箱館(函館)を開港することに決まり松前藩に箱館奉行を置き、その幕史として任命されたのが荒井金助です。
■早山清太郎は、稲作発展の祖であり、現篠路小学校の創立や北海道神宮用地の選定を行うなど、その功績は現在もなお篠路の住民から称えられています。
篠路屯田兵屋

屯田町に残る
篠路屯田兵屋

▲このページのTOPへ

◆篠路の商店の始まり
明治5年の醸造所

明治5年の醸造所
(北大図書館蔵)

 篠路屯田兵入植以前の明治4年、札幌に開拓使が置かれた年に、篠路村に本道初の「味噌・醤油醸造所」が造られました。これは、北海道における官営工場のはしりです。
 明治19年には、アメリカ式大規模農業を夢みて入植した滝本五郎が「篠路興産社」を創立し、藍の栽培を始めました。
 屯田兵の開拓後の篠路における商いの始まりは、入植の年の明治22年に、現在の屯田4条7丁目に、たばこや酒類、砂糖・雑貨を扱う『青木商店』が開店し、地域唯一の商店として繁盛しました。『青木商店』はその後、兵中隊本部の引き揚げと同時に閉店したため、明治32年にそれまで篠路村大平で食用油の行商をしていた、『広瀬商店』が江南神社西隣に開店しました。当時は、通帳制をとり、掛売りが普通で、支払いが8月中旬であれば、無利子、年一回の12月末であれば、当時の定期預金の金利に見合う分、増額して支払うことになっており、商店が村民にとっての金融機関のような存在だったといえましょう。
明治40年頃の移植作業

明治40年頃の移植作業
▲このページのTOPへ
◆篠路の商店街の変遷
大正8年頃の水田風景

大正8年頃の水田風景
 昭和30年以前の篠路は、田園と玉ねぎ畑が広がる純農村の風景でしたが、昭和30年台に入るや環境が一変し、田園が宅地に様変りするようになると、個人商店が次々建ち並ぶようになり、当時は通称「農協売店VS個店」の争いと称された競争があったようです。
 そんな中で、商店街の団結が強まり、昭和35年4月、任意組織の「篠路中央商工会」が設立発足し、その後、昭和45年2月に法人化され、篠路中央商店街振興組合となって現在に至っています。
▲このページのTOPへ
◆篠路商店街振興組合の現在
お祭りイベント・ビール早飲み

ビール早飲み競争
 札幌市の急激な発展に伴い、増え続ける人口と大型店舗の進出など、社会経済環境の変化に伴い、地域に密着した街づくりと、商店街づくりを目指して様々な地域活動に携わってきました。
 かつての村祭りの郷愁から始まった「あんどんパレード」を契機に、各種イベント事業の展開、商店街診断結果を受けた活性化策を積極的に展開してきました。
 今年は、「あんどんパレード」に替り『ビアガーデン』を開催し、常に地域の皆様が集い故郷を語れる事業の企画に取り組んでいます。
 歴史ある篠路地区は農村歌舞伎や篠路獅子舞など、華やかに演じられていた歴史があります。この貴重な伝統文化を伝承することを通じて、ふるさと意識やまちへの愛着を高めることが、やがては住む方々の口を伝って多方面へと発信され、発展する街づくりにつながってゆくことだと考え篠路中央商店街振興組合の皆様は今日も「街づくり」に励んでいます。
伝統行事・篠路獅子舞

百年の歴史ある伝統行事
篠路獅子舞
(篠路神社境内)
▲このページのTOPへ
■バックナンバー一覧へ



 
〈トップページにもどる〉
 

札幌市商店街振興組合連合会
〒060-0063 札幌市中央区南3条西3丁目15番地 竹内ビル6階 011-261-9586
Copyright 2008 Sasshinren, All rights reserved.