さっぽろわくわく商店街


商店街調査隊


札幌市商店街振興組合連合会の新役員を紹介します!
 今回の商店街調査隊は、わが連合会の【新役員】にスポットを当てました。
札幌市商店街振興組合連合会では、役員の任期満了に伴う改選がおこなわれました。
 5月の通常総会において関正明理事長と中山菊雄副理事長が相談役となり、新たな役員が選任されました。
そこで今回の商店街調査隊は、平成18年度の新役員を紹介します。
菊池理事長 後藤副理事長
小泉副理事長 田中副理事長
「商店街調査隊」 第32回目は、【新役員の横顔】です。
理事長 菊池 恒
菊池理事長 店舗
理事長  菊池 恒 (きくち こう)
(株)キクヤ 代表取締役社長
札幌狸小路商店街振興組合 副理事長
 音楽の発信拠点として札幌狸小路で創業60年の老舗、
(株)キクヤ社長であり、札幌市商店街振興組合連合会では昨年度まで副理事長を務められ、今年度より第11代理事長となられた菊池恒氏にインタビューしました。
 
【年齢は?】 
 亥年生まれの満46歳です。
【ご家族構成】
 妻と子様2人の4人家族です。
【趣味は?】
 音楽鑑賞、WRC(世界ラリー選手権)観戦、落語鑑賞、カメラです。 
【飼っているペット】
 ミドリガメ(ミシシッピーアカミミガメ、5歳)と実家にミニチュアシュナウザー2歳がいます。
【日課があればお聞かせください】
 毎日欠かさず行っていることは、神棚の水、お神酒、塩、米の交換と、早起きです。
【こどもの頃の商店街の思い出は?】
 人の波と、ラーメン店を経営していたこともありラーメンの味が思い出です。
【理事長になられて、ひとことお願いします】
 大変な役を仰せつかって身が引き締まる思いです。
【商店街の皆様にひとことお願いします】
 地域活性化、安全安心な「まち」に商店街は必要不可欠です。ひとつの商店街では届かない「我々の声」も多くの仲間と発せれば「大きな声」になります。「まちづくり」「まちづかい」の中心的役割を担う「我々の声」を広く認知していただけるよう連合会は市民、行政機関、関係諸団体、指導機関等へ物申し、活発な動きをする組織となります。

【お店の紹介】
 創業60年、「聴く」、「弾く」、「習う」、「発表する」音楽のことなら何でもお任せください!
このページのトップへ
副理事長 後藤 文雄
後藤副理事長 店舗外観
副理事長  後藤 文雄 (ごとう ふみお)
(株)大五ドライクリーニング 代表取締役
発寒北商店街振興組合 相談役理事

 いつもダンディーな装いがトレードマークの後藤文雄氏は、一代で札幌市内に22店舗を有するまでに会社を築き上げた苦労人ゆえに、連合会のご意見番として昨年度に引き続き副理事長をお引き受け頂きました。

【年齢は?】 
 70歳です。
【ご家族構成】
 妻と、息子夫婦に孫3人の7人家族です。
【趣味は?】
 庭の草花に愛情をかけて手入れすること。
【こどもの頃の商店街の思い出は?】
 大変な賑わいで、店の人達も客の子供達の名前を知っている親戚のような人情の通かよう関係でした。
【副理事長になられて、ひとことお願いします】
 近年は商店街が厳しい時代ですが、街づくり三法の見直しなどで各商店街の皆さんと力を合わせて街づくり等、良い方向へと考えます。

【お店のご紹介】
 西区八軒に本社及び工場を有し、札幌市内に22店舗の「大五ドライクリーニング」を展開する会社です。
 キメの細かいサービスと、迅速な対応で喜ばれています。
このページのトップへ
副理事長 小泉 詔信 
小泉副理事長 店舗外観
副理事長  小泉 詔信 (こいずみ あきのぶ)
(有)小泉 代表取締役
北24条商店街振興組合 理事長
 総理府公認愛玩動物飼養管理士会一級の有資格者である小泉副理事長を中心に、元気な接客が評判の奥様、同じ有資格者でお店のロゴマークや店舗装飾にセンスの良さを発揮し、店長を務めるご子息の武史さんと、その夫人、桂子さんはトリマーとして併設のペット美容室を経営し、家族で「ペットショプ小泉」を支えます。
 優しく頼りになる「お父さん」的な存在で連合会を支えてくださることを願ってお話を伺います。

【年齢は?】
 昭和18年生まれの63歳です。
【ご家族構成】
 妻と、店長の次男夫婦です。
【趣味は?】
 音楽鑑賞、魚釣りは磯釣りを主に40年の釣暦があります。
【特技は?】
 昔、根室で家族がボート屋を経営していたので、ボートは得意です。
【飼っているペット】
 犬のヨークシャーテリア、チワワと猫のスコティッシュホールド、
鳥のオカメインコ2羽。
【日課があればお聞かせください】
 毎朝食前に、仏前(亡き父母)へのお参り。
【こどもの頃の商店街の思い出は?】
 子供時代(中学1年まで)は根室で家業がボート業を営んでおり、海が遊び場であり、自然に魚釣りを覚え、隣りが海上保安庁であったので、港内巡視船にもよく乗せてもらっていた思い出があります。
 商店街に関わったのは、札幌へ来てからの20歳からで、店の向かいにあった市電の車庫、事務所の職員らと、砂利道の店頭でペット談講に花を咲かせ、お客様以上の良き友人関係の付き合いをしていた思い出があります。
【副理事長になられて、ひとことお願いします】
 単組の理事長として理事会に参加しておりましたが、突然の就任要請に戸惑っております。同じ副理事長の方とともに、菊池理事長の下、少しでも力になれればと思っております。市振連の活動状況を各単組の方々にもっと良く知ってもらうために、積極的にPRすることが重要と考えます。
【商店街の皆様にひとことお願いします】
 副理事長として初めて東区商連様の総会に出席させていただきましたが、皆様の席をまわってみて、市振連の活動内容がほとんど把握されておらず、特に大型プリンターの活用、札幌市の各種制度融資の活用などを上手に利用して欲しいです。
 地域の顔としての商店街が、地域の町内会、各種団体と一緒に取り組む積極的なまちづくり活動が実を結び、活性化に成功している商店街が多くなってきており、まだまだ活動の余地があると思います。

【お店のご紹介】
 お店は、地下鉄南北線「北24条駅」から徒歩2分、北大通り沿いに面しています。
 創業43年、犬、猫、小鳥の販売を中心に、犬のトリミングやペットホテルを併設しています。ペットの飼育相談に応じたり、お客様ご要望の用品を探すなど商店街ならではのキメ細かなサービスを店頭はもとより、自社ホームページでも受け付けています。また、ペット用品の通信販売と無料配達などサービスも充実しています。
このページのトップへ
副理事長 田中 貴誠
田中副理事長 店舗
副理事長  田中 貴誠 (たなか たかよし)
田中公商事(株) 代表取締役
白石商店街振興組合 理事長
 白石商店街で化粧品とたばこの専門店を経営する一方で、地域コミュニティーの情報発信、受信基地「まちづくりハウス」で副代表を務める田中貴誠氏は、時代の風を読み商店街と住民一体となったまちづくり活動を熱心にされており、連合会でもその手腕を発揮して頂くべく推薦されました。

【年齢は?】
 60歳です。
【ご家族構成】
 高齢者を含む6人家族です。
【特技はありますか?】
 朝9時から夜10時まで年間2日の休みで元気に働いていること。
【こどもの頃の商店街の思い出は?】
 学校の帰り道、商店街へ寄り道をしていました。
お店の人とミニュニケーションを取り合っていたのが良き思い出です。
【副理事長になられて、ひとことお願いします】
 会員の皆さんと、役員とで情報を共有しましょう。
【商店街の皆様にひとことお願いします】
 商店街とは情報の発信、受信する場所です。地域の皆様に情報を発信してください。受信した情報の中から広域の問題は連合会へ発信してください。束ねて関係する所へ発信します。

【お店の紹介】
 国道12号線沿いの白石本通り2丁目にある札幌フードセンター白石中央店内にある「コスミック田中」はマックスファクターをはじめとする化粧品と、葉巻やパイプ専用煙草などレアな商品も扱う煙草専門店です。お客様とのふれあいからニーズに適ったサービスと語らいを提供しています。
このページのトップへ
目次へもどる



 
〈トップページにもどる〉
 

札幌市商店街振興組合連合会
〒060-0063 札幌市中央区南3条西3丁目15番地 竹内ビル6階 011-261-9586
Copyright 2008 Sasshinren, All rights reserved.