さっぽろわくわく商店街


商店街調査


商店街の魅力を紹介します!
 夏の暑さは何処へやら、寒い季節の到来です。本格的な降雪前のこの時期、寒さに負けない体力づくりと風邪予防には『あったかいもの』が一番ですね。
    そこで「商店街調査隊」第26回は【スープカレー】特集です。
カレー屋トラ お食事処膳楽 チャンドニー華麗ばぁ
テラメリタ らっきょブラザース リトルスプーン
「商店街調査隊」第26回は【スープカレー】をテーマに
話題のカレー店の気になるスープカレーをご紹介します。
と ら
■■ 新琴似中央商店街振興組合 ■■
店舗外観 カレーメニュー
店内 スタッフ
営業時間: 11:00 〜 20:00
札幌市北区新琴似7条7丁目7-15
(パチンコパーラージャパン駐車場側に面しています。)
Tel.Fax.011-765-0621
定休日:金曜日(11月より変わりました。)
 陶鍋の中でグツグツ煮えたぎる鍋焼きスープカレーが評判のこのお店は、身体に優しい「健康的カレー専門店」です。
 オーナーシェフの高橋さん(写真)自身がアトピーと貧血ということもあり「安心、安全、栄養たっぷりの素材を身体に吸収されやすく調理しています。もちろんエネルギーの代謝も抜群です。」と高橋さんは言います。
 スープの旨みは『野菜』です。鳥ガラやトンコツは使用していません。スープのベースには20種類もの野菜が使用され、特に意識しているのは季節のお野菜で、その季節に必要な栄養素が摂取できるので、厳選された”とら”農園で採れたお野菜が命といいます。野菜の甘みが凝縮されたヘルシーなスープカレーで身体も心も癒されましょう。辛さはお好みで果てしなく調整可能です。 

 【気になるメニュー】
 すじネギ、角煮、豚しゃぶなどのスープカレーがありますが、オススメは”旬野菜スープカレー”(写真・1,100円)です。具として16種もの季節の野菜をそれぞれの野菜の美味しさを引き出すため、個性を活かした下調理をしたうえで、丁度良くスープに溶け出すタイミングで盛り付けされた逸品です。スープのだしとして20種、具で16種のお野菜、これで一日に必要な栄養素30品目が摂取できますね!カレーメニューには摂取カロリーも明記しています。
 お子様メニューとして全メニュー、ハーフサイズと甘口をご用意します。

 【お店からの特典】
 『わくわく商店街ホームページ見たよ』の合言葉でトッピング(温泉卵・目玉焼き・チーズなど全品)のサービスがあります。

 女性ばかりのスタッフで営業しているトラですが、実は男性が一人?癒し系スタッフのお店のマスコット、スッポンもどき種の亀の萬咲参(まんさくさん)もいます。本当は性別不明ですが、誰にもかまって貰えないとヘコんだり、スネたり、フテ寝したりするそうで、今ではファンも多くアイドル的存在なんでよ。 
このページのトップへ
お食事処 膳楽
■■ 月寒中央商店街振興組合 ■■
店舗外観 カレーメニュー
店内 スタッフ
営業時間:平日 11:00 〜 21:00
札幌市豊平区月寒東1条5丁目1-29
グランデュール月寒中央
(地下鉄東豊線「月寒中央」下車、出口1番より徒歩3分)
Tel.Fax.011-857-5322
定休日:日曜・祝日  
駐車場:月寒中央商店街駐車場(飲食に限り1時間無料)
 我が家は父が辛いものが苦手なため、スープカレーを食べに出掛けられませんでしたが、そのような家庭にオススメのお店を見つけました。スープカレー専門店ではないため家族の好みが合わなくても大丈夫です!丼物や定食、ラーメンも人気で、大勢でも一人でも気軽にお食事が出来るお店膳楽のスープカレー(写真・700円)は、年配の方にも食べやすいように厳選した香辛料を使用し、匂いと刺激を抑え旨味がしっかりと味わえる辛さで、どの世代にも美味しい手の込んだ逸品です。気づいたらカレーを水要らずで完食していました。それが膳楽の美味さの魅力です。専門店ばかりに注目が集まる現在にあっては隠れた名店です。
 【気になるメニュー】
 月寒高校の学生にも人気の定番メニューは、味噌カツ丼やソースカツ丼、男性には卵とじカツ丼ですが、ファイターズファンでオーナーの木村昭市さん(写真右)オススメの逸品は、札幌ドームに持参して食べる”膳楽のカツ丼”がめちゃくちゃ美味しいそうです。膳楽ではお持ち帰り用として販売もしてくれますので、来シーズンは”膳楽のカツ丼”で大ブームを巻き起こしたいものです。他にも塩ラーメンや焼き魚定食(旬のさんまなら2匹750円)が人気で、お値段も700円でお腹いっぱい!なお店です。
 【お店からの特典】
 『わくわく商店街ホームページ見たよ』の合言葉で、お食事代から100引きのサービスがあります。
 ファイターズの渡部龍一選手は中学生時代から、島田一輝選手(来期コーチ)や、格闘技PRIDEの桜庭選手や高山善廣選手などアスリートも来店するお店です。
このページのトップへ
チャンドニー華麗ばぁ
■■ 麻生商店街振興組合 ■■
店舗外観 カレーメニュー
スタッフ スタッフ
営業時間: 10:00 〜 24:00  
札幌市北区麻生町5丁目4-11
(地下鉄南北線「麻生」下車・2番出口真向) 
Tel.Fax.011-726-2586 
定休日:無休
 カレー店というよりは、女性に人気の雑貨店と間違えそうなイメージのこのお店は、カフェとして利用するお客様も多いというインドカレーと軽食のお店です。
 写真の通り店内は東南アジアなどの民芸品で賑やかな装飾ですが、何故かとっても落ち着くので、男性のお客様にも支持されているお店です。
 スープカレーは「チキンカリー」(骨付きレッグ入り・写真・830円)の1種類です。コクの深いスパイシーなスープカレーに、スプーンだけでも食べられるほど柔らかな鳥モモ肉がほど良く刺激をまろやかに抑えて、辛さが後に引かない濃厚だけど後味はサッパリとしたスープカレーです。ライスに良く合うチャンドニーのスープカレーには、やはり福神漬けが調和します。その福神漬けも美味しいことと、野菜サラダが付くところも気に入りました。


 【その他のメニュー】
 サイドメニューも充実していて、ケーキセット480円などお手ごろ価格なのがポイントです。また、カレー以外にもピラフやジャンバラヤ、パスタなどのメニューもあります。ランチはさらにお得です。
 【お店からの特典】
 『わくわく商店街ホームページ見たよ』の合言葉で、お食事代100円引き、さらにドリンクのサービスがあります。

 夜はアルコールも提供しています。紅葉のこの季節、仕事の合間を縫って中島公園や円山公園、またはお店の近くなどを散策するのが楽しみというオーナーの中能雅和さん(なかのうまさかず・写真右)が、輸入雑貨店などで気に入って集めたという店内の装飾品は残念ながら販売はしていませんが、この不思議な魅力の居心地の良さを、是非ご体感ください。
このページのトップへ
テラメリタ
■■ 平岸中央商店街振興組合 ■■
店舗外観 カレーメニュー
店内 スタッフ
営業時間: 11:30 〜 20:00(ラストオーダー) 
ランチタイム: 11:30 〜 14:00(平日のみ)
札幌市豊平区平岸3条5丁目1-19(平岸街道沿い)
Tel.Fax.011-825-8881
定休日:水曜日
駐車場:2台
ホームページ 
 スパイスの豊かな可能性に魅了され、研究を重ねて行き着いたところがスープカレーだったという鎌田久美子さん(写真)がオーナーシェフのCurry Cafe′Terra Merita(カリーカフェ テラメリタ)は、今注目のお店です。というのも「野菜が美味しいレストラン」とか「カレーを食べて温泉へご招待」などのフレーズで雑誌やTVに登場し、スープカレー専門店の常識を覆すユニークな企画を次から次と考案されているお店です。
 11月のイベントは「ボジョレヌーボの夕べ」(11月17日)で、普段はメニューに無いシェフの技が利いた料理がいただけるかもしれません。美容と健康に効果を発揮するスパイスの妙技を是非ご堪能ください。

 【おすすめメニュー】
 ”ミートボールベジタブルスープカレー”(写真・1050円)は、口に含んだ瞬間にふわっと爽やかに広がるオリジナル「ガラムマサラ」のインパクトある爽快感と、キリッとすっきりスパイシーな辛味が特徴のテラメリタのコラーゲンたっぷりスープに、ベストマッチに仕上げた絶妙なミートボールは是非味わって頂きたい逸品です。
 また糖度の高いにんじんで作った、にんじんサラダ・にんじんジュースや手作りデザートやライ麦パンも魅力です。

 【テラメリタの魅力】
 お米(古代米)や野菜は、各契約農家からの仕入れにこだわっているのは、単に安全だからということだけではなく、たとえば肥料や栽培管理に手間を掛けた「にんじん」は糖度がフルーツ並みに高い野菜に仕上がります。そんな野菜の可能性をも惹き出して食を追及した結果”ここでしか食べられない”メニューが誕生するのでしょう。 
 【お店からの特典】
 『わくわく商店街ホームページ見たよ』の合言葉で、ドリンク(一部除く)のサービスがあります。
このページのトップへ
らっきょブラザース
■■ 北24条商店街振興組合 ■■
店舗外観 カレーメニュー
店内 スタッフ
営業時間:11:30 〜 15:00/17:00 〜 22:00
札幌市北区北26条西4丁目22番地(北大通り沿い)
Tel.Fax.011-758-2955 
定休日:水曜日
ホームページ
 札幌いち、いや今や全国的に有名なスープカレー専門店であろう「らっきょ」の支店になる『らっきょブラザーズ』は、本店のメニューをアレンジし独自の味を追求して提供しています。らっきょファンからは本店を超える美味しさとの評判も耳にします。季節の限定メニューや月々で変わるマンスリーカレーなどファンを飽きさせない新しいスープカレーの開発に余念がありません。 
 【人気のメニュー】
 "パイ包みスープカレー"は一番人気の商品で、季節ごとの限定メニューを提供しています。11月までは「3種のきのこのパイ包みスープカレー」(写真・1,055円)で、25種のスパイスが効いたコクの豊かなスープカレーにたっぷりのしめじ・エリンギ・舞茸とにんじん、じゃがいもが入って、これまたたっぷりのチーズが相まってなんとも言えないまろやかさで、ハーブのバジルがスッキリとした後味を演出してくれます。その旨みをそっくりパイで包んだ贅沢なカレーは11月までの限定メニューで、12月からは”冬のパイ包みスープカレー”をどうぞお楽しみに!
 【お店からの特典】
 『わくわく商店街ホームページ見たよ』の合言葉で、「本日のシャーベット」か「ソフトドリンク」どちらかをサービスします。 
 辛さ調節は100倍までオーダー可能で、すべて無料です。今回取材に協力してくれたのは、らっきょ軍団の長野達也さん(写真右)です。優しい笑顔の奥に秘められた真剣な眼差しは実直な性格によるものか、カレーに対する熱い想いが伝わってきます。そんな長野さんファンの女性客が多いのかと思いましたが、取材当日は純粋なスープカレーファンの男性が目立ちました。
このページのトップへ
リトルスプーン狸小路店
■■ 札幌狸小路商店街振興組合 ■■
店舗外観 カレーメニュー
店内 スタッフ
営業時間:24時間営業
札幌市中央区南2条西4丁目狸小路4丁目
Tel.011-218-8885 Fax.011-218-8886
定休日:無休
ホームページ
 今年9月にオープンしたばかりのリトルスプーン狸小路店は、リトルスプーンならではの券売機式セルフサービスを止め、スタッフがオーダーをお受けします。高本店長(写真中央)はじめスタッフは、お客様との対話や関わりを大切に考え笑顔のサービスを励行しています。また、オープンキッチンになった厨房からはお店の自信と、安心感が伺えます。昼はビジネスマン、夕方は狸小路へ買い物などに訪れた方々、深夜はストリートミュージシャンやパフォーマー達とそのギャラリーが訪れます。カレーの美味しさはもちろんのこと、席に着いてすぐ食べられるスピーディーさと、お値段が魅力で人気を得ています。

 【リトルスプーンの魅力】
 茹でたお野菜は素揚げすることで野菜の甘みを引き出し、噛むとホロッとほぐれる食感の「じゃがいも」など野菜には身も心も温めてくれる愛情がこもっています。そして、お子様にはアイス付きのお子様(ルーカレー)メニューもあります。

 【おすすめメニュー】
 スープカレーは「チキン野菜」(写真・780円)と「野菜」(630円)の2種類あります。野菜の甘みが抽出されたマイルドなスープが特徴です。スパイスをお好みでかけていただくと辛さが調節できるので、お子様から辛党の方までご家族でお召し上がりいただけます。
 また、スープカレーは具材がセットになったレトルト製品もあり、店頭販売のほか、通販でもご購入いただけます。レポーターも試食済ですが、レトルトといって侮れない逸品のチキン野菜スープカレーは、野菜の食感といい、チキンのジューシーさといい、お店の味そのままをご家庭の食卓で召し上がっていただけます。この冬ご家庭で、パーティーで、是非ご賞味ください。只今、「カレーせんべい」(50円)が話題です。


 【お店からの特典】
 
『わくわく商店街ホームページ見たよ』の合言葉で、話題の「カレーせんべい」をプレゼントします。
このページのトップへ
■目次へもどる



 
〈トップページにもどる〉
 

札幌市商店街振興組合連合会
〒060-0063 札幌市中央区南3条西3丁目15番地 竹内ビル6階 011-261-9586
Copyright 2008 Sasshinren, All rights reserved.